会社沿革

 1979(昭和54年) 1月

 創業者 中川良治が東大阪市衣摺6丁目にて、ダイワ式カム自動旋盤で、 各種電気機械部品の製作を業とし、 中川製作所を創業。

 

 1988(昭和63年)

ベッセル技研工業株式会社様との取引開始

 

1988(昭和63年) 10月  

 切削機械のNC化を図る為、1台目の野村精機NC自動盤を導入する。

中川製作所がNC旋盤・NC自動盤加工へ移行する。

 

1989年(昭和64年/平成元年)創業10周年

 

 1995(平成7年) 4月  

 大阪市平野区に工場移転し、事業の拡張を図る。

ミヤノ式LX-08型・高松式X-10型を導入し二次加工を充実させる。

 

1999年(平成11年)創業20周年

 

 2003(平成15年) 10月

 東大阪市衣摺5丁目にさらに拡張させる為、工場移転する。

ノムラ・シチズンの複合機を増設し得意先様の多様なニーズに対応する。

 

 2008(平成20年) 1月

三菱電機トレーディング株式会社 通信機製作所内様との取引開始

 

2009年(平成21年)創業30周年

 

 2009(平成21年) 3月

三菱電機トレーディング株式会社 伊丹事業所様と取引開始

 

 2009(平成21年) 6月

 法人企業 株式会社中川製作所を設立する。

 

 2011(平成23年) 3月

三菱電機株式会社 系統変電システム製作所様と取引開始

 

 2014(平成26年) 1月 創業35周年 

 

 2014(平成26年) 2月 

 工場移転 大阪市平野区加美北に工場を移転。

更なる顧客満足を満たすため拡張を目的とした。

 

2018年(平成30年) 3月

マシニングセンターを導入して棒状の加工以外の板状の加工を可能にしました。

 

 2019(平成31年/令和元年) 1月 創業40周年

 

 2020年(令和2年) 6月

代表取締役社長に中川敬晶が就任しました。

 

2020年(令和2年) 6月

NAKAGAWA2020 社内オリンピック開催

 

2021年(令和3年) 9月

全国健康保険協会大阪支部より「健康宣言の証」を交付。

「健康宣言」事業所として認定された。